リカバリー動作を習得せよ!2022年10月15日長崎GKスクール長崎校レポート

おはようございます!

田中コーチです!

長崎GKスクール代表田中駿也

長崎ゴールキーパースクールは、現在長崎県内での2カ所でスクール活動を行なっています。

創成館高校(通称=S-FIELD)で月曜日に開催されている「諫早校」、アローズ長崎で土曜日に開催されている「長崎校」あわせて、スクール生は小学3年生から中学3年生まで48名の選手がキーパートレーニングに励んでいます!

最近、GKスクールへ体験に来る選手のほとんどがGK歴が1年未満です。

もし、この記事を読んでいる保護者の方で「うちの子はまだGKを始めたばかりだから、心配だ…。」と思われている方もどうか安心してください。

初心者でも基本から指導が受けられるのが、長崎GKスクールの魅力です。

もちろん、GKで更に上を目指したい!という選手にもオススメです!

 

まずは一度、体験に足を運んでみてください!!

まずは初回無料体験へ

今回のテーマは・・・

今回はU-11が「構えるタイミングとその姿勢」、U-15が「同方向へのリカバリー動作の習得」をテーマにトレーニングを行いました。

U-11のカテゴリーはもう一度基本に立ち返って、シュートを止めるための基本姿勢や構えるタイミングをメインにトレーニングを行いました。

最近のトレーニングを見直していくと、エラーが多かったので、このテーマとなりました。

U-15では、少し前に行ったその場に起き上がるリカバリー動作から派生して、倒れた方向に早く起き上がるというトレーニングを行いました。

 

それではトレーニングの様子を見ていきましょう!

まずはU-11から

最初に行ったトレーニングは、サイドステップからのオーバーハンドキャッチとアンダーハンドキャッチです。

コーンの前まで移動して、基本姿勢で構えます。

毎回言っているポイントは足の幅、つま先の向き、重心、手の位置と向き、頭です。

スクール生は答えられますよね!?

答えられなければ、復習が必要です!!

次に行ったのはコーンを回って、中央に戻り、構えてからローリングダウン。

ここでも基本姿勢を意識させます。

やることは変わりません!

クロスステップができない選手が多かったので、今後のテーマにしたいですね!

最後に実践形式でシュートストップを行いました!

良いプレーができると、自然と「ナイスキー!」と言えるようになってきました!

続いて、U-15のグループ

まずは、動きの確認を行いました!

普段やらない動きなので、なかなか難しかったようです。

ポイントは、足の使い方と腕の使い方です。

今回は2歩でプレーするんですが、1歩目と2歩目をどこに踏むのかが重要でした。

動かし方さえわかれば、あとは反復練習です!

最後にシュートストップを行いました。

アラートな状況(神経が研ぎ澄まされた状態)を作って、シュートを受けることが最も成長につながります!

 

 

最後に映像をどうぞ!

長崎ゴールキーパースクールは長崎GKのために・・・

長崎GKスクールは、長崎県内でGKをしているこどもたちのために存在します。

「キーパーを始めたけど、どういう練習をすればいいかわからない!」

「チームにキーパーコーチがいない」

「失点ばかりして、楽しくない…」

 

そして、その選手の保護者の悩みも多いはずです。

「試合を見てるけど、シュートが飛んでくる度にヒヤヒヤする」

「息子のために何かしてあげたいけど、どう接すればよいかわからない」

「息子が楽しくGKする姿を見たい!」

 

こんな悩みを持っている方は、まずはご相談ください!

せっかく「ゴールキーパー」という最高のポジションを選んでくれたのだから、私たちは必ず助けになります!!

それでは!

田中コーチ

まずは初回無料体験へ

© 2022 長崎ゴールキーパースクール Powered by AFFINGER5