プロフィール


田中 駿也(たなか しゅんや)

・長崎ゴールキーパースクール代表

・創成館高校サッカー部GKコーチ

・日本GKコーチアカデミー所属

・長崎GKプロジェクトメンバー

・1993年5月24日生

 香焼小-海星中-海星高-名桜大学人間健康学部卒

【取得ライセンス】

 日本サッカー公認B級ライセンス

 日本サッカー協会公認GK‐レベル2ライセンス

 中学校教諭一種免許状(保健体育)

 高等学校教諭一種免許状(保健体育)

【指導歴】

 創成館高校サッカー部(2016年~)

 九州U-17GKキャンプスタッフ(2020年)

 長崎県GKキャンプ(U11、U12、U13、U14)スタッフ(2017年~)

 国体(男子少年の部)GKコーチ(2017年)

【その他】

 選手として長崎県選抜(小6~中3)、国体(男子少年の部)メンバー(高1)

 全国中学校総合体育大会3位(2008年)

 インターハイベスト16(2011年)を経験

 指導者としてU-18日本代表候補輩出(2021年)

ごあいさつ

長崎ゴールキーパースクール公式サイトをご覧いただきありがとうございます。

このサイトには、長崎県のゴールキーパー(GK)・その保護者やご家族・指導者の方など、長崎県のゴールキーパーに関わる様々な方が訪れて下さっている事と思います。

長崎ゴールキーパースクールでの活動状況の報告をはじめ、長崎でゴールキーパーを頑張っている人や応援する人にとって為になる情報をお届けしていきます。

ここでは「私の自己紹介」と「長崎GKへの想い」をお話ししたと思います。

~自己紹介~

私がサッカーを始めたのは、小学2年生の時に地元の小学校のスポーツ少年団に入ったのがきっかけでした。始めた当初はフィールドプレーヤーでしたが、走り続けるのが辛く、動かずに一番楽そうなGKを率先してやり始めたのが、GKとの出会いです。GKとしてもっと上を目指したいと思ったのは、小学6年生の時に県トレセンメンバーに選ばれた時です。中学校は地元の中学ではなく、県内で全国常連校だった私立中学へ進学し、プロを目標に日々トレーニングに励みました。高校進学は中高一貫だったため、そのまま内部進学。将来は、教員志望だったため、高校卒業後は沖縄にある教員免許がとれる大学へ進学して、卒業後に新卒で現在勤めている職場にお世話になっています。

小学2年生から大学4年生までの現役の間、チームにGKコーチはいたことはなく、専門指導を受ける場は県トレに参加したときだけでした。それ以外の普段のトレーニングは本に書いてある練習メニューをやってみたり、先輩から教えもらった練習をやったり、ほぼ独学で必死にゴールを守ってきました。小中高と九州・全国レベルの大きな大会に出場する機会もありましたが、次第に相手が強くなり、年代が上がるにつれて自分の力が全く通用しない状況に陥っていました。そんな状況にも関わらず、身近に相談できるGKコーチもおらず、どういう練習をすればよいかもわからないまま日々を過ごしていました。

~長崎GKへの想い~

ご縁あって大学卒業後、地元長崎でGKコーチとして働き始めて選手たちと接していく中で、私が現役時代に抱えていた悩みと同じ悩みを抱えている選手がいることを知りました。そして、社会人になって色んなことを知った今現役時代にGKの専門指導を受けられたら、私の人生が変わっていたかもしれない。と思うようになりました。その想いと同時に仕事を続けていく中で、徐々に「長崎で今、悩みを抱えているGKに手を差し伸べたい!」と考えるようになり、長崎ゴールキーパースクールの立ち上げに至りました。

この活動を通して、私は長崎に恩返しをしたいと思っております。私自身が通ってきたGKコーチがいない環境、悩みや苦しみを相談できないという同じ道を歩ませないようにこれまで学んできた技術・戦術や専門の知識などフルに活用して困っている選手たちに還元していきます。そして、長崎GKの普及・発展、レベルアップに貢献し、関わった選手たちのGK人生の架け橋になれるようにこれからも活動をしていきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

長崎ゴールキーパースクール代表 田中

まずは初回無料体験へ

© 2021 長崎ゴールキーパースクール Powered by AFFINGER5