前で奪え!2021年7月5日長崎GKスクール諫早校レポート

おはようございます!

長崎ゴールキーパースクール代表の田中です。

長崎ゴールキーパースクール代表田中

現在、ゴールキーパーをしている選手の保護者の皆さんは、将来お子さんがどういう大人になって欲しいと願っていますか?

プロのサッカー選手になってほしい、誰かの役に立つ仕事に就いてその人たちを救ってほしい、自分のやりたいと思った仕事につければ・・・

色々な想いがあるかと思います。

GKスクールに通うことでお子さんがやりたい仕事に就けると決まる訳ではありませんが、GKスクールでの経験が将来お子さんにとっての礎となり、社会へと羽ばたいて欲しい!

そんな想いが私にはあります。

ただ、GKが上手くなるだけでは意味がありません。是非、一度長崎GKスクールに足を運んでいただき、トレーニングを味わってみてください!

まずは初回無料体験へ

今回のテーマは「フロントダイビング」

皆さんは、現代サッカーがどのように繰り広げられているかをご存知ですか?

一昔前は、ただゴール前に立って飛んできたシュートを止めていればよかったですが、現在はそういうわけにはいきません。

現代サッカーはフィールドプレーヤーが密集し、コンパクトフィールドが形成され、攻守が目まぐるしく変化していきます。

そのため、GKには味方DF裏にある広大なスペースを守る能力が必要になっています。

そのスペースをケアするために必要な技術の一つとして「フロントダイビング」があります。

それでは、そのトレーニングの様子を見ていきましょう!

今回はU-12のみでトレーニング

ウォーミングアップではまず、基本姿勢とオーバーハンドキャッチを確認しました。

基本姿勢は毎回のトレーニングでしつこく言っていますので、覚えている選手は質問をすると答えが返ってきますね(^ ^)

続いて、アンダーハンドキャッチから地面に落ちたボールに対してダッシュで取りにいく練習です。

ボールを2個にすることによって、研ぎ澄ませた状態で選手たちがプレーをしていました。

このボールを取りにいく動きが少しヒントになっていたりします!!

ローリングダウン→フロントダイビングと行ってきます。

ボールがマーカーを通過しないように前に出ながらダイビングしていきます。

徐々に難易度を難しくなっていきますが、成功するためのヒントを伝えていますので、そのヒントを頼りに選手が試行錯誤していきます。

最後は相手をつけて実践に近づけてプレーしました!

最後に映像をどうぞ!

知っていると知らないでは雲泥の差

長崎GKスクールでは、ゴールキーパーに関する技術や個人戦術、知識などをトレーニングで伝えています。

参加してくれる選手に「今日はこういうことをやるよ!知ってる?」と聞くと、ほとんどの選手が「知らない!」と答えます。

別に知らなくていいんです。このスクールに来れば全部知ることができるから!

現代では、SNSやYouTube等に情報が溢れかえっていて、無料で情報を手に入れることができます。

しかし、その反面間違っている情報も多いため、情報を精査していく必要があるんです。

知った気になっていると後から必ず差は開いていきます。

長崎で確かなGKの知識や情報を得たいのであれば、長崎GKスクールに足を運んでください!

それでは!

代表・田中

まずは初回無料体験へ

© 2021 長崎ゴールキーパースクール Powered by AFFINGER5