正しいプレジャンプの方法!2021年8月2日長崎GKスクール諫早校

おはようございます!

田中コーチです!

長崎ゴールキーパースクール代表田中

 

皆さん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

長期休みに入るとトレーニングマッチやフェスティバル等の機会が多くなりますよね!

試合が多い中で、どういうミスが起きているでしょうか?

シュートをとめられなかった。クロスに出たけどキャッチできなかった。FWとの1対1で迷ったプレーをしてしまった。

 

おそらくいろんなミスが起きていると思います。

では、そのミスをどのように改善していくかというと専門のトレーニングを受けていくしか方法はありません!

是非一度、スクールへ足を運んでみてください!

まずは初回無料体験へ

今回のトレーニングは・・・

会員制になり、初のトレーニングでした!

そこで前半では自チームでも使えるウォーミングアップの落とし込みを行いました。

今回行った動的ストレッチからボールを使ったトレーニングまで全てGKに必要なものになっていますので、自分のチームでも活用して欲しいですね!!

このウォーミングアップを流してやる選手と毎回しっかりとやる選手では、未来が大きく変わっていきます。

何事も「継続は力なり」ですね!

後半では「プレジャンプの方法」をテーマにトレーニングを実施しました。

皆さんは「プレジャンプ」という言葉をご存知でしょうか?

プレジャンプとは、GKがシュートを打たれる前に軽くジャンプする予備動作のことです。

このプレジャンプという動作は、野球の守備時、バレーボールやテニスなどにも取り入れられている動作でテニスでは「スプリットステップ」という呼び名があるそうです!

この動作を行うことによって動き出しを早めることができます。

 

プレジャンプでの注意点

プレジャンプを行うことで大きなメリットを得られる反面、使い方を間違ってしまうとボールへの反応が遅れてしまいます。

タイミングを合わせる

相手がボールを蹴ってからプレジャンプを行ってしまうと足が地面から離れてしまっているため、動き出すことができません!

プレジャンプのタイミングが早すぎるとプレジャンプの効果を得ることができず、プレジャンプをしている意味がありません。

※ボールへ身体を運ぶことができずに手だけになっています

ボールが蹴られる瞬間に地面に足をつけることが重要です!

スタンスを変えない

プレジャンプ後の着地で足の幅が狭くなったり、広がってしまっている選手は動き出しづらくなります。

手だけでキャッチングをすると、ファンブルしてボールが後方にいってしまい、失点してしまいます。

しかし、ボールの正面に身体を運ぶことによって、そのリスクが低下します!

単純なシュートストップのトレーニングですが、1回1回のプレーを緊張感・意識を持ってプレーしていくべきなのです!

プレジャンプのタイミングをしっかりとって、シュートをバンバン止められるようになっていきましょう!

最後に映像をどうぞ!

GK夏季DAYキャンプ2021の申込締め切り間近!

長崎GKスクールでは、今回初の試みとなるGKキャンプを8月14日と15日に実施します!

スクールとはまた少し違った形でGKトレーニングを午前・午後の2回、2日間みっちりとトレーニングしていきます。

またお申し込みをされてない方は是非、ご連絡お待ちしております!

締め切りは8月5日木曜日23:59までとなっております!

詳しくはこちら

長崎GKスクールで長崎に新たなゴールキーパーの環境を作っていきます!

GKに必要な基礎的な技術をはじめ、これからいろんな技術や戦術をお伝えしていきますので、スクール生の皆さん楽しみにしておいてください!!

無料体験も随時募集中です!

参加ご希望の方は下記のバナーをタップして、公式LINEからお申し込みください!

それでは!

田中コーチ

まずは初回無料体験へ

© 2021 長崎ゴールキーパースクール Powered by AFFINGER5